各種組織染色

  ISH・IHC関連製品 – 各種組織染色 – 

組織染色は、組織学や病理学の分野において、組織や細胞の形態的な変化を簡便に調べるために用いられています。
未染色組織でも形態の違いから結合組織や、細胞核などを見分けることは可能ですが、あらかじめ組織染色を行うことによって、その観察が容易になります。 染色の方法には、組織中の特徴的な生体分子(タンパク質、核酸、脂質、炭化水素など)に対して、特定の色素が強く結合する性質を利用した方法や、 特定の酵素と反応して発色する基質を用いた方法があります。
in situ ハイブリダイゼーション法や免疫組織染色法での染色後に、組織染色(対比染色;カウンターステインとも呼ばれる)を行うことによって、 簡便に組織構造を染色することも可能です。
弊社では、マウスの組織および胚について解析を受託しており、未染色組織スライドの各種組織染色を行います。
切片作製からの実施も可能ですので詳しくは、お問い合わせください。
また画像データが必要な場合はお問い合わせください。

 

価格・納期

分析項目 価格・納期
ヘマトキシリン・エオジン染色(Hematoxylin and eosin stain) お問い合わせください
ヘマトキシリン染色(Hematoxylin stain)
ニュークリア・ファスト・レッド染色(Nuclear fast red stain)
マッソントリクローム染色(Masson’s trichrome)
パス染色(Periodic acid-Schiff stain)

 

ご依頼方法

E-mailに下記必要事項をご記入のうえ、下記アドレスまでお送りください。
bio@hssnet.co.jp

 

サンプル調整方法

【標本スライド等の解析サンプルをご提供いただく場合】
標本スライド作製には、剥離防止コート処理(MAS等)されたスライドガラスを用いてください。染色像は、組織染色に用いる組織切片の固定法や保存状況、切片の厚さなどに影響されますので、一度ご相談ください。(未固定凍結組織の場合もご相談ください。)

【組織等の解析サンプルをご提供いただく場合】
切片作製費用が別途必要となります。
染色像は、組織染色に用いる組織の固定法や保存状況などに影響されますので、一度ご相談ください。(未固定凍結組織の場合もご相談ください。)

サービス一覧へ戻る
Page Top