ご使用にあたって

合成DNA・RNAの保管方法

弊社で合成した合成DNA・RNAは、一部の製品を除いてすべて乾燥品となっております。
これは、輸送時の急激な温度変化による合成DNA・RNAの分解をできるだけ防ぐためです。
製品が届きましたら、乾燥状態でも数日間は問題ありませんが、ご使用になるまで-20℃で凍結保存しておくことをお勧めいたします。
一度滅菌水やバッファーなどに溶解させたあとは、凍結・融解を繰り返すとDNA・RNAが分解してしまう恐れがあるため、ご使用になる量を小分けして保存することをお勧めいたします。
また、使用中のコンタミネーションの影響を最小限に押さえることができます。
小分けされたあとは、乾燥品と同様、-20℃で凍結保存することをお勧めいたします。

合成DNA・RNAの溶解方法

弊社で合成した合成DNA・RNAは、乾燥時に透明なフィルム状または、白い結晶となります。内容物の目視での確認は難しい場合があるため、蓋を開ける前に一度遠心してからご使用ください。
また、精製報告書の右側に記載されております「TE量」の欄は、記載の数値だけ溶液を入れることで、100pmol/μlに調製できるようになっております。溶解時にご参照ください。

精製報告書の見方

精製報告書には、お客様が製品をご使用になる上で重要な情報が記載されております。
各項目の詳細を下記に示しますので、ぜひご参照ください。

精製方法 お客様のご指定いただいた精製方法です。
塩基数 合成DNAの鎖長を示します。修飾塩基は含まれていません。
分子量 弊社で計算した理論分子量です。質量分析は、この値と比較して行います。
ABS 50倍稀釈した実測値が掲載されています。OD値=ABS値×50
OD値 弊社の保証収量は、この欄の数値が基準となります。
全量 製品の量を「μg」表示で表したものです。※保証量は上記OD値です。
全mol 数 全量を理論分子量で割った数値です。単位は(nmol)です。
TE量 全mol 数から導き出した100pmol/μlにするために加える溶液量です。(μl)表示です。
Tm値 この合成DNAを用いて形成された2本鎖が、熱変性して1本鎖になるときの温度です。
  • * 精製報告書の右側に記載されております「TE量」は、記載の数値だけ溶液を入れることで、100pmol/μl に調製できるようになっております。溶解時にご参照ください。

チューブラベルの見方

精製報告書と同様の情報をチューブラベルにも記載しております。

MW 理論分子量
TW 全量(μg)
TE TE量100pmol/μlにするために必要な溶液量
ABS 弊社吸光度実測値
モル 全mol数(nmol)
TM Tm値
OD 合成DNA・RNA溶液1mlに含まれるDNA・RNA量
Ex)2ODの場合:260nmの吸光度が2になるような合成DNA・RNA溶液1mlに含まれるDNA・RNA量

注意事項

弊社受託DNA・RNA合成製品は試験研究を目的に販売いたしております。
その他の目的(医療、臨床診断、食品、化粧品、家庭用品等)には、使用しないでください。

お問い合わせ

製品に関して不具合等がありましたら、こちらまでご連絡ください。

  • ※ 稀にチューブ内の気泡等が見受けられる場合があります。
    その際はお問い合わせくださいますよう、お願いいたします。

〒001-0932
札幌市北区新川西2条1丁目2-1
北海道システム・サイエンス株式会社
製造部 核酸製造チーム
TEL:(011)768-5901

サービス一覧へ戻る
Page Top