会社情報

競争的資金に関する方針等

令和元年11月26日

関係者各位

北海道システム・サイエンス株式会社

不正防止対策基本方針

 当社は、「研究機関における公的研究費の管理・監査のガイドライン(実施基準)」(平成19年2月文部科学大臣決定、平成26年2月改正)および「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(平成26年8月26日文部科学大臣決定)に基づき、不正防止対策の基本方針を制定し、競争的資金等の適正な管理・運営に取り組みます。

  1. 機関内の責任体系の明確化
    • 最高管理責任者
      最高管理責任者は代表取締役社長とし、会社全体を統括し競争的資金等の運営・管理について最終責任を負います。
    • 統括管理責任者
      統括管理責任者は、ライフサイエンス本部長とし、最高管理責任者を補佐し、競争的資金等の運営・管理について会社全体を統括する実質的な責任と権限を持ちます。
    • コンプライアンス推進責任者
      コンプライアンス推進責任者は、ライフサイエンス本部長とし、当社の各部署等における競争的資金等の運営・管理について、実質的な責任と権限を持ちます。
  2. 適正な運営・管理の基盤となる環境の整備
    • 競争的資金等の運営・管理に関するルールの明確化・統一化を図るとともに、その内容を周知します。
    • 職務権限を明確化するとともに、職務権限に応じた明確な決裁手続を定めます。
    • 競争的資金等の運営・管理に関わるすべての役職員を対象として、コンプライアンス教育を実施し、不正防止対策の理解及び意識向上を図ります。
    • 社内及び外部からの告発等を受け付ける窓口を設置し、調査及び懲戒に関する規程の整備及び運用の透明化を図ります。
  3. 不正を発生させる要因の把握と不正防止計画の策定・実施
    • 不正を発生させる要因を把握し、研究活動における不正防止計画を策定します。
    • 当社全体の具体的な対策を策定・実施し、実施状況を確認します。
  4. 研究費の適正な運営・管理活動
    • 予算の執行状況を検証し、研究計画の遂行に問題がないかを確認します。
    • 不正な取引に関与した業者への取引停止等の処分方針を定め、周知しています。
    • 発注・検収業務は事務部門が実施し、適正な運営に努めています。
    • 非常勤雇用者の雇用管理及び研究者の出張計画の実行状況については、事務部門で把握・管理しています。
  5. 情報発信・共有化の推進
    • 競争的資金等の使用に関するルール等について、社内及び外部からの相談を受け付ける窓口を設置しています。
    • 競争的資金等の不正への取組に関する当社の方針等を公表しています。
  6. モニタリングの在り方
    • 競争的資金等の適正な管理のため、発注・検収・支払・研究者の旅費等の会計書類の確認及び納品物品等の現物確認を実施いたします。
    • 社内の実態に即して、不正が発生する要因を分析し、不正が発生するリスクに対して重点的かつ機動的な監査を実施します。

<相談・告発窓口>

北海道システム・サイエンス株式会社
管理本部 管理チーム

TEL:011-768-5901
FAX:011-768-5952
e-Mail:soumu@hssnet.co.jp

競争的資金等管理規程
研究活動上の不正行為の防止及び対応に関する規程
競争的資金の間接経費の執行に係る基本方針

Page Top