次世代シーケンサー機種について

Illumima

シーケンサー NovaSeq(S4) HiSeqX MiSeq(V2) MiSeq(V3)
リード長 150 PE 150 PE 150 PE 250 PE 75 PE 300 PE
1レーン リード数 26億リードペア
(52億リード)
3億6,000万リードぺア
(7億2,000万リード)
1,000万リードペア
(2,000万リード)
1,600万リードペア
(3,200万リード)
塩基数 800 Gb 110 Gb 3 Gb 5 Gb 2.5 Gb 10 Gb
対応プラン Illuminaパッケージプラン レーンシーケンスのみ 微生物群集解析
アンプリコンシーケンス解析

シーケンサー NextSeq(HighOutput) NextSeq(MidOutput)
リード長 150 PE 75 PE 75 SR 150 PE 75 PE
1レーン リード数 4憶リードペア
(8億リード)
4憶リード 1.3億リードペア
(2.6億リード)
塩基数 120 Gb 60 Gb 30 Gb 39 Gb 19.5 Gb
対応プラン レーンシーケンスのみ
※上記データ量は参考値であり、保証値ではありません。

PacBio

シーケンサー PacBio RSII Sequel Sequel II
1 SMRT Cell ZMW 150,000 1,000,000 8,000,000
CCS reads
(Amplicon, Iso-Seq)
〜50,000 reads 〜500,000 reads 〜4,000,000 reads
Data Yield
(Genome)
〜1 Gb 〜15 Gb 〜100 Gb
※上記データ量は参考値であり、保証値ではありません。

解析アプリケーション

微生物ゲノム配列決定 動植物ゲノム配列決定 ヒトゲノム解析
ゲノムリシーケンス解析(ヒト以外) 遺伝子挿入箇所検索 GRAS-Di
遺伝子発現解析(リファレンスゲノムあり) De novo トランスクリプトーム解析 Iso-Seq
バイサルファイトシーケンス small RNAシーケンス ChIPシーケンス
アンプリコンシーケンス ウイルス関連解析 CRISPRスクリーニング解析
微生物群集解析 ホールメタゲノム解析 メタトランスクリプトーム解析
※ リンク先がないアプリケーションについては、こちらからお問い合わせください。

注文方法

事前に受託内容について打ち合わせをさせていただきます。
お問い合わせフォームにて、解析内容などをお知らせください。
打ち合わせ後、注文書に必要事項をご記入の上、サンプルを下記宛先まで送付してください。
サンプル送付セットをご希望の場合は、有料にてサンプルBOXを送付させていただきすので、お気軽にお問い合わせください。
【送付先】
〒001-0932 札幌市北区新川西2条1丁目2-1
北海道システム・サイエンス株式会社
次世代シーケンス解析サービス 担当
TEL:(011)768-5903  E-mail:hss-ngs@hssnet.co.jp
※ 土・日・祝日はサンプルの受け取りを行っておりませんので、平日着となるよう送付してください。
※ 輸送時のトラブルに関し、弊社はその責任を負いかねます。

注意事項

製品の規格仕様・サービス内容などにつきまして、予告なしに変更することがあります。
受注後、実作業に入ってからのキャンセルはサービスの仕様上お受けいたしかねます。
やむを得ない場合は実作業分の料金をご請求させていただきます。
ご依頼いただくサンプルは、文部科学省の「遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律」
(カルタヘナ法)におけるP1レベルのサンプルに限らせていただきます。
感染性のあるサンプル(HCV・HIVなど)の受け入れは弊社では行っておりません。
また、ヒト臨床サンプルの場合はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
本受託解析サービスは、試験研究を目的にご利用ください。
その他の目的(医療品・食品の製造・品質管理や医療診断など)には使用しないでください。
本受託解析サービスにより得られた結果が原因となり生じた損失・損害等について、サービスの仕様上、責任を負いかねます。
ご提供・ご指示いただくサンプルや手法から生じる工業所有権・安全性などの問題については、一切責任を負いかねます。
ご提供いただくサンプルの保管および返却は行っておりません。予めご了承ください。
サンプルに由来する原因※1 により、ライブラリ回収量が弊社基準を満たさない場合はご相談させていただきます。
また、ライブラリ再調製の際には追加費用が発生いたします。予めご了承ください。
※1 サンプルに由来する原因について
例として、送付いただいたサンプル量が必要量に満たない場合、サンプルの分解が見られる場合、サンプルの精製度が低い
場合、サンプルにNanodrop、 Qubit、 電気泳動で検出できない夾雑物などが含まれる場合、などがございます。
上記現象が見られる場合にライブラリ回収量が少なくなる可能性がございます。
また、品質検査を通過しましてもライブラリが得られない場合がございます。
原因が同定できないケースもございますので予めご了承ください。

北海道システム・サイエンス株式会社
トップページへ戻る