アスペルギルス症TR薬剤耐性菌検出プローブセット

本製品は帯広畜産大学よりライセンスを受け、北海道システム・サイエンス株式会社が製造・販売しています。

アスペルギルス症の治療薬としてアゾール系の抗真菌薬が用いられていますが、近年ではその原因菌である病原コウジカビ(Aspergillus fumigatus)のアゾール系薬剤への耐性株が世界各地で単離されています。

野外環境中で拡がりを見せているアゾール系薬剤への耐性菌はcyp51A 遺伝子のプロモーター領域にリピート配列(TR)を有することが報告されています。

本製品のプローブセットは、リアルタイムPCR のサイクリングプローブ法を用いて、Aspergillus fumigatus 株のcyp51A 遺伝子のプロモーター領域におけるリピート数を検出することで、Aspergillus fumigatus 株のアゾール系耐性を簡便かつ迅速に判別することを可能にします。

特長

プライマーとプローブのミクスチャー
Aspergillus fumigatus株のアゾール系薬剤への耐性判別をより簡便にするため、リアルタイムPCR測定に必要なプローブとプライマーを混合しています。

コントロールDNAがセットに含まれています
ポジティブコントロール、ネガティブコントロールの両方がセットに含まれているので、陽性および陰性の判別が可能です。

簡便かつ迅速な検出系
試薬を混ぜて機械にセットするだけなので、トータル2時間程度で結果が得られます。
従来の配列決定を行う検出方法に比べて、簡便かつ迅速な検出系です。

※ 真菌の菌体から精製したDNAを対象に本製品の検証試験を実施しています。
  血液など菌体以外の検体については取扱実績がございません。

製品情報

※単位:円 (税別)
製品コード 製品名 反応数 価格 データシート
ARA-PPS01 アスペルギルス症TR薬剤耐性菌検出プローブセット 50反応 52,000 /セット ダウンロード
※ 本製品の他にサイクリングPCR用の専用反応試薬が必要です。詳細はデータシートをご覧ください。
北海道システム・サイエンス株式会社
トップページへ戻る