北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
HSS便り
Seasons Greetings

今年も早いもので半年が終わり、7月となりました。
7月のイベントと言えば「七夕」があります。

七夕は7月7日に行われているのが一般的だと思いますが、北海道のほとんどをはじめ、一部の地域では8月7日に行われていることをご存知でしょうか。
七夕はもともと中国で発祥した行事ですが、旧暦の7月7日とされていました。
明治6年、日本では旧暦から新暦への改暦が行われたタイミングで、七夕を旧暦の7月7日とする地域と新暦の7月7日とする地域に分かれてしまったようです。
ところが旧暦の7月7日とした場合、新暦に換算した日付は毎年かわってしまうので、行事を行う日を決定する必要がありました。
そこで旧暦の7月7日あたりで1ヶ月遅れの8月7日とされたのです。

また七夕の風習として、北海道の札幌などの地域には「ろうそく出せ」があります。七夕の夕方から夜にかけ、こどもたちが近所の個人宅や店舗などをまわり、玄関先で「ろうそく出せ、出せよ〜」で始まる歌を歌います。これを歌われたお宅の人は、こどもたちにおやつなどをふるまって応えます。まるで夏のハロウィーンのようです。
この風習は道内でも歌の歌詞が異なる地域や、そもそも風習がない地域などもあり、
風習の起源や地域差などを調べていくと意外と奥が深いものです。

当たり前と思っていたお住まいの地域での行事や風習も、歴史や他の地域との違いなどを調べてみると、意外な発見があるかもしれません。

さて、令和最初の七夕。今年の7月7日と8月7日の夜には好天に恵まれ、各地で綺麗な天の川を見上げられますように。