北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
製品・サービス情報
ヒト検体核酸抽出サービス
次世代シーケンス解析 サンプル必要量 ヒト検体核酸抽出 論文実績
セミナー      

■製品仕様
製品の特徴
ヒト検体核酸抽出サービスは、安全キャビネット内で検体からの核酸の抽出・精製を行います。
抽出・精製後のサンプルは、テープステーション(DNA)やバイオアナライザ(RNA)などで
品質検定を行います。
次世代シーケンス解析やマイクロアレイ解析などのオプションとして、ぜひご利用ください。

弊社での作業可否を判断するために、検体情報のご提供が必要となります。
なお、病原微生物やウイルス等に感染している検体は受け入れできません。
詳しくは注意事項をご覧ください。

本サービスは、弊社受託解析サービスをご依頼いただくお客様向けのオプションサービスです。
本サービスのみのご依頼はお受けできませんのでご了承ください。
サンプルについて
* サンプルが下記の条件を満たさない場合は、必ず事前にご相談ください。
・DNA抽出の場合
サンプルの種類 必要量(目安) 状態
肝臓、脳、肺、心臓、腎臓などの組織 50 mg 以上 液体窒素で瞬間凍結し、
-80℃保存
脾臓など、細胞数の多い組織 20 mg 以上
細胞 1x105 - 5x106 細胞ペレットを液体窒素で
瞬間凍結し、−80℃で保存
血液 500 μl 以上 抗凝固剤処理をした後に
-80℃で凍結
※ サンプルは1.5mLまたは2mLチューブに入れてください。詳しくはこちらをご覧ください。
・RNA抽出の場合
サンプルの種類 必要量(目安) 状態
心臓、腸、腎臓、肺、筋肉、皮膚などの組織 100 mg 以上 RNAlater等で処理をした後に
-80℃で凍結※1または、
液体窒素で瞬間凍結後に
−80℃で保存※1
脳、脂肪組織など、脂肪の多い組織 200 mg 以上
肝臓、脾臓、胸腺など、RNAの多い組織 60 mg 以上
細胞 1x105 - 5x106 細胞ペレットを液体窒素で
瞬間凍結し、−80℃で保存
血液 PAXgene®RNA採血管1本(2.5mL)に採血し、
室温で2時間以上放置した後に
-20℃で24時間以上凍結※2
※1…組織・細胞は1.5mLまたは2mLチューブに入れてください。詳しくはこちらをご覧ください。
※2…血液はPAXgene® RNA採血管に採血してください。詳しくはこちらをご覧ください。
    (PAXgene® RNA採血管の詳しいお取扱いについてはこちらをご覧ください。)


■注文方法
注文方法
<ヒト検体の受け入れ判定までの流れ>
<ヒト検体のご送付〜核酸抽出・解析の流れ>
サンプルのご送付の際は、ヒト検体専用送付キットをご利用ください。
送付キットは、ご提供いただいた検体情報をもとに、弊社での作業が可能な検体であると
判定した場合にお送りします。送付キットと梱包方法等は、抽出核酸および検体の種類
によって異なります。詳しくは下記をご参照ください。
  ・ DNA抽出用検体はこちら
・ RNA抽出用組織・細胞はこちら
・ RNA抽出用血液はこちら

誠に勝手ながら、土・日・祝日の受け取りは行っておりませんので、
平日着となるよう送付してください。
送付キットに同梱の送付状をお使いいただくと、送料は弊社負担となります。
【お問い合わせ先】
解析部 ヒト検体核酸抽出担当宛
フリーダイヤル:0120-613-190(9:00-17:00 土日祝を除く)
TEL:011-768-5901  E-mail:


■注意事項
注意事項
本サービスは、弊社の受託解析サービス(次世代シーケンス解析・マイクロアレイ解析等)の
オプションサービスです。本サービスのみのご依頼はお受けできませんのでご了承ください。
弊社では以下の検体は受け付けておりません。ご了承ください。
@ 国立感染症研究所病原体等安全管理規程に準じ、「ヒトに対する病原性レベルがバイオセーフティーレベル(BSL)3以上の微生物等に感染している、または臨床検査・所見から感染の可能性が低いと判断されてない」検体
A HCV、HBVウイルスに感染していることが確認されている検体
B その他の病原微生物、ウイルス等に感染していることが確認されている検体
検体はインフォームドコンセントを得ていることをご確認ください。
弊社での作業可否を判断するために、検体情報のご提供が必要となります。
「ヒト検体情報提供用紙」に必要事項をご記入の上、受託解析サービスの注文書と併せて送付してください。(情報提供用紙はこちらからダウンロードができます)
追って作業可否の判定結果をご連絡いたします。
「ヒト検体情報提供用紙」に記載の検体名は、各受託解析サービスの注文書と完全に一致させて
ください。(不一致の際は作業をお受けできない場合がございます。)
また検体名には人名等の使用は控え、匿名化してください。
検体送付の際は、弊社で受け入れが可能とご連絡を差し上げた検体のみ送付してください。
また検体輸送の1次容器には、必ず指定の容器をご使用ください。
「サンプルについて」の各※をご参照ください)
検体は、医療従事者またはB型肝炎等の免疫を獲得されている方のみお取り扱いください。
Copyright ©  Hokkaido System Science Co.,Ltd. All rights reserved.