北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
HSS便り
Seasons Greetings

梅雨明けが待ち遠しいこの頃、皆様いかがお過ごしでしょうか。
北海道は梅雨がないことで知られていますが、最近は札幌でも曇天や小雨がぱらつく日が多く、照りつける太陽を恋しく感じます。

7月のイベントと言えば「七夕」ですが、北海道ではほとんどの地域で8月7日に行われていることをご存知でしょうか?
実は私は本州の出身で、縁あって10年程前に北海道に移り住んだとき、このことを初めて知って大変驚きました。七夕は元々、旧暦の7月7日に行われていた行事のため、北海道では本来の季節に近い8月に行っている地域が多いのだそうです。
また、新暦の7月7日頃は天気が不安定な日も多いですが、8月になると比較的天気が良く、織姫星と彦星や天の川が良く見えるというメリットもあるようです。

併せて、北海道の七夕には「ローソクもらい」という面白い風習があります。
夕暮れ時に、浴衣を着た子どもたちが「ローソクだーせー」と歌いながら近所の家々をまわり、お菓子をもらうという習わしです。ハロウィンによく似ていますが、「ローソクもらい」は日本にハロウィンが伝えられるよりも古くから存在しており、しかも日本で育まれた文化なのだそうです。

七夕は地域によってかなり風習が異なるようなので、足をのばして各地の七夕祭りに行ってみてはいかがでしょうか。意外とあなたの地元でも、個性的な七夕祭りが行われているかもしれませんよ。