北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
FAQ-タンパク関連-

アジレントアレイ受託解析サービスに関する質問

Q : 使用したマイクロアレイの保存方法
Q : アレイは再利用できますか?
Q : RNAサンプルの電気泳動の写真は必要ですか?
Q :  1解析って?
Q :  必要なサンプル量は?
Q :  サンプルの蛍光標識はどうしたらいいですか?
Q :  アジレントアレイにはどのような遺伝子が搭載されているのですか?
Q :  プローブDNAはどちらの面にプリントされているのですか?
Q :  プローブの塩基配列情報は入手可能ですか?

質問に対する答え(アジレントアレイ受託解析サービス)
Q : 使用したマイクロアレイの保存方法
A .
 使用したマイクロアレイは真空デシケータもしくは窒素雰囲気下で遮光出来るケース に入れ、室温で保存して下さい。
Q : アレイは再利用できますか?
A .
 再利用はできません。
Q : RNAサンプルの電気泳動の写真は必要ですか?
A .
 サンプル情報として必要ですので必ず添付してお送り下さい。
サンプル量が少量の場合はご相談下さい。
Q : 1解析って?
A .
 2サンプルの競合ハイブリをいたします。1比較に必要なサンプルは2サンプルとなります。2サンプルをそれぞれCy3、Cy5で蛍光標識し、1アレイへの競合ハイブリダイゼーションを1解析とします。

{ 図解 }
Q : 必要なサンプル量は?
A .
 Total RNAで1μg以上、サンプル濃度100ng/μl以上、OD260/280 1.7〜2.1を目安としてご用意下さい。
Q : サンプルの蛍光標識はどうしたらいいですか?
A .
 基本的にはコントロールサンプルをCy3標識、比較サンプルをCy5標識しています。
必ずどちらのサンプルをどの蛍光色素で標識するかをご指定下さい。
Q : アジレントアレイにはどのような遺伝子が搭載されているのですか?
A .
 搭載遺伝子に関しては以下のURLでご確認下さい。
http://www.chem.agilent.com/scripts/generic.asp?lpage=5175&indcol=N&prodcol=Y
Q : プローブDNAはどちらの面にプリントされているのですか?
A .
 「Agilent」とプリントされている面(バーコードの反対側の面)です。
Q : プローブの塩基配列情報は入手可能ですか?
A .
 アジレントアレイユーザーに限り入手可能です。
入手方法についてはお問い合わせ下さい。
上記以外のお問い合わせはこちらから
→メール array@hssnet.co.jp
→TEL 011-768-5901
ページTOP
All rights reserved by Hokkaido System Science Co.,Ltd.