北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
製品・サービス情報
ISH・IHC関連製品
ISH・IHC関連製品
in situハイブリダイゼーション FISH・CISH 免疫組織染色
各種組織染色 組織切片作製 レーザーマイクロ
ダイセクション
in situハイブリダイゼーション
用プローブ
in situハイブリダイゼーション
用組織ブロック
in situハイブリダイゼーション
用トレーニングkit
サンプル調製方法    
サンプル調製方法
  サンプル調製方法(in situ ハイブリダイゼーション)
組織切片中で目的遺伝子の発現部位を解析します。薄切組織を処理することにより、組織における細胞レベルでのmRNAの分布を調べることができます。

【プローブをご提供いただく場合】
プローブの標識には、DIG(ロシュ・ダイアグノスティックス社)を用いてください。
DIG以外の標識プローブに関しましては、ご相談ください。放射性同位体により標識されたプローブやRNA以外のプローブは対応できません。

【プローブの設計について】
プローブの設計につきましては、までお問い合わせください。

【プローブ作製からご依頼いただく場合】
RNAプローブを作製するための鋳型DNAについて鋳型となるDNAをご提供ください。サンプルは、事前に電気泳動を実施していただき、泳動結果を添付してください。
鋳型となるDNAをお持ちでない場合は、事前にご相談ください。
別途費用にてクローニング等、鋳型DNAの調製から承ります。
DNAは1μg 必要です。テンプレートDNAへの RNase の混入には十分注意してください。RNaseの混入が予想される場合は、事前にPCI処理-エタノール沈殿等を行う事をお薦めします。

【組織等の解析サンプルをご提供いただく場合】
〜固定法について〜
in situ ハイブリダイゼーションに用いるサンプルの固定には、4%パラホルムアルデヒドを用います。(未固定凍結組織や他の固定法についてはご相談ください)。
重要なポイントはRNAが分解しないように速やかに固定することです。
マウスの場合、灌流固定を行い、組織の取り出し後、速やかに固定して下さい。
大きな組織の場合は、固定液が浸透しやすいよう、組織の必要な部位のみをトリミングしてください。
RNaseフリーの環境下でサンプリングを行ってください。
剥離防止コート処理(MAS等)されたスライドガラスを用いてください。
詳しくは、こちら(補足:切片について)をご参照ください。
Copyright ©  Hokkaido System Science Co.,Ltd. All rights reserved.