北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
製品・サービス情報
体質遺伝子検査
アルコール体質遺伝子検査 肥満体質遺伝子検査


アルコール体質遺伝子検査
製品特徴 料金 ご依頼・実施方法
検査機関・お問い合わせ先    


あなたのアルコール体質を遺伝子にてチェック



  お酒に強いか弱いかは、実は体質により決まっています。
HSSの 「 アルコール体質遺伝子検査 」 サービスは、
ほほの内側を専用の綿棒で擦るだけの簡単な手順で
遺伝子を調べることができます。
ご自身のアルコール体質と適切な飲酒量を認識して、
健康管理にお役立てください!

このサービスは遺伝子解析を通じて
疾患発症リスクや体質の特徴を予測するものであり、
病気の診断を行うものではありません。


 


 
製品特徴

アルコールの吸収と代謝、そして体質
  口から入ったアルコールの大部分は肝臓でアルコール代謝酵素(アルコール脱水素酵素ADH1Bおよび
アルデヒド脱水素酵素ALDH2)により分解され代謝されます。
  この酵素の活性には個人差があり、その強弱は遺伝子の一部の違いにより決められます。


どうしてお酒に強い人と弱い人がいるの?
  お酒に強いか弱いかは、実は体質によって決まっています。アルコールが体内に入ると、アセトアルデヒドに分解されますが、この物質は極めて毒性が強く、顔面の紅潮、頭痛、吐き気、動悸などの不快な症状を引き起こし、悪酔い・二日酔いの原因物質と言われています。
  このアセトアルデヒドを分解するのが、アルデヒド脱水素酵素(ALDH)です。1型2型がありますが、血中の
濃度が低いときには、まず2型(ALDH2)が活躍します。ところが日本人の場合、ALDH2遺伝子内のDNAの
一つの記号(塩基)の違いによって、約35%がALDH2の働きが弱い「低活性型」でお酒に弱いタイプ、そして7%は全く働かない「不活性型」で、お酒がまったく飲めないタイプが存在します。このタイプの人たちはごく少量のお酒でも、気分が悪くなってしまいますから、無理にお酒を飲むことはもちろん、このタイプの人たちにお酒を無理強いすることは、絶対に慎んでください。
  ALDH2の活性が弱い人は、実はアジア系にしか存在しないようです。このタイプは日本人約40%、中国人
約40%、韓国人約30%に存在し、欧米人アフリカ人ではみられません。



 
  遺伝子タイプ別の特徴及び飲酒習慣で気を付けるべきこと
独立行政法人国立病院機構久里浜医療センター監修
 
アルデヒド
分解遺伝子
アルコール
分解遺伝子
遺伝子
タイプ
体質とコメント
ALDH2
(活性型)
ADH1B
(低活性)
A
(4%)
《アルコール依存症にもっともなりやすいタイプ》
 アルコールからアルデヒドへの分解が遅く、アルデヒドから酢酸への分解は速い。アルコールが体に長くとどまるため、酔いやすく、お酒好きになりやすいタイプ。
 飲みすぎないように注意しましょう!悪酔いから事故やアルコールハラスメントを起こさないよう量をセーブしましょう。
ADH1B
(活性)
B
(54%)
《お酒に強いタイプ》
 アルコールからアルデヒド、アルデヒドから酢酸への全ての分解が速いタイプ。しかし、強いからといって飲みすぎると不快な症状が起きます。健康のために、飲みすぎないように注意しましょう!
ADH1B
(高活性)
ALDH2
(低活性型)
ADH1B
(低活性)
C
(3%)
《お酒に強いと勘違いしやすいタイプ》
 アルコールからアルデヒド、アルデヒドから酢酸への全ての分解が遅いタイプ。アルコールが体に長くとどまるため、酔いやすく、お酒好きになりやすい。しかし適量を越えるとすぐに不快な症状が起こり、また二日酔いになりやすい。
 健康問題が起こるリスクが高いタイプです。お酒は控えめに!!
ADH1B
(活性)
D
(33%)
《顔がすぐに赤くなるタイプ》
 アルコールからアルデヒドへの分解は速く、アルデヒドから酢酸への分解は遅い。少量の飲酒でアルデヒドがすぐに産生され、また長くとどまるため、顔が赤くなったり、吐き気などの不快な症状が起きやすい。また二日酔いにもなりやすい。
体が慣れると多少飲めるようになる人もいますが、健康問題が起こりやすいので控えめに!節度ある飲酒を心がけてください。
ADH1B
(高活性)
ALDH2
(不活性型)
ADH1B
(低活性)
E
(7%)
《下戸タイプ》
 アルデヒドが分解出来ないタイプ。ごく少量のアルコールで顔面紅潮、眠気、吐き気など不快な症状が起きやすい。
 お酒を勧められたときは、自分は全く飲めない体質であることを相手に告げましょう。
ADH1B
(活性)
ADH1B
(高活性)
  ※ 上記の遺伝子タイプ欄には、日本に見られるタイプ別の割合を( )に記しています。
 




 
料金
 
※単位:円
料金 5,000 / 検体(税別)
[ 5,400 / 検体(税込) ]




 
ご依頼・実施方法


■ お客様ご自身で検体採取を実施する場合
■ 医療機関 ( 渓仁会 円山クリニック ) にて検体採取を実施する場合


お客様ご自身で検体採取を実施する場合

1.アルコール体質遺伝子検査キットのご注文
  ご注文書をダウンロードしていただき、必要事項をご記入の上、下記 E-mail アドレスまたは
FAX番号までご送信ください。

  注文書(E-mail用)は こちら
注文書(FAX用)は こちら

(送付先)
E-mail
FAX0120-616-334 または 011-768-5951
  詳しくはこちら


2.検査キット送付
  お申込み完了後、弊社より検査キットを代金引換にて送付いたします。
※ 代金引換手数料 ( 全国一律 ¥500 ) はお客様のご負担となります。



【検査キット内容】
検体採取用綿棒(専用試験管入)、試験管および検査依頼書貼付用バーコード(2枚)、
検体(口腔粘膜)採取方法のご案内、試験管返送用緩衝袋、返送用封筒、
体質遺伝子検査説明書兼同意書(2枚つづり)、体質遺伝子検査依頼書、検査案内書



3.検体採取
 
@口の中をすすぐために水で2〜3回
 うがいをして、20分以上経過して
 から採取してください。
  A専用の綿棒で左右のほほの内側を、
 それぞれ10回程度こすってください。
 綿棒は付属の試験管に入れてください。


検体の採取方法

  【 ご注意 】
1.検査キットはご本人様以外は絶対にお手を触れないようにお願いいたします。
2.検査キットは品質保持のため、到着日より 1ヶ月以内 にご使用ください。
3.採取後の検体は、 すみやかに ご投函をお願いいたします。


4.採取した検体・必要書類の返送
  必要書類に記入後、下記3点を返信用封筒に入れて弊社へ郵送してください。
郵送費は無料(弊社負担)です。

1. 試験管
※ 試験管は緩衝袋に入れてから同封してください。
2. 遺伝子検査依頼書
3. 遺伝子検査説明書兼同意書
※ 2枚目のご依頼者様控えはお客様にて保管いただきますようお願いいたします。

検体等の送付先 〒001-0932
札幌市北区新川西2条1丁目2-1
北海道システム・サイエンス株式会社
TEL : 0120-613-190

  【 ご注意 】
1.検査キットはご本人様以外は絶対にお手を触れないようにお願いいたします。
2.検査キットは品質保持のため、到着日より 1ヶ月以内 にご使用ください。
3.採取後の検体は、 すみやかに ご投函をお願いいたします。


5.検査結果のご報告
  検体到着後、2週間程度で検査結果を送付いたします。

  【 ご注意 】
このサービスは遺伝子解析を通じて 疾患発症リスクや体質の特徴を予測するものであり、
病気の診断を行うものではありません。



医療機関 ( 渓仁会 円山クリニック ) にて検体採取を実施する場合

1.検査の申込み
  アルコール体質遺伝子検査をご希望される方は、渓仁会 円山クリニック までご連絡くださいますよう
お願いいたします。
ご担当者様と日程等をご調整いただき、検体採取日時をご予約ください。
また、通常の健康診断等のオプションとしてご利用することも可能ですので、事前にご相談ください。

医療法人 渓仁会 渓仁会 円山クリニック
 ○ 受付:火曜日〜金曜日(9:00-17:00)
 ○ TEL:011-641-1600
 ○ FAX:011-641-1605
 ○ URL:http://www.keijinkai.com/maruyama/
  詳しくはこちら

検査の依頼について


2.円山クリニック訪問
  ご予約された日に 渓仁会 円山クリニック にて アルコール体質遺伝子検査の検体採取を実施
いたします。
アルコール体質遺伝子検査に必要なキット等は 渓仁会 円山クリニック で用意しておりますので、
当日は手ぶらでお越しいただけます。
担当の管理栄養士の監督のもと、アルコール体質遺伝子検査に必要な口腔内の細胞の採取を
実施いたします。

医療法人 渓仁会 渓仁会 円山クリニック
札幌市中央区大通西26丁目3番16号

○アクセス方法
地下鉄でお越しの場合
地下鉄東西線『円山公園駅』2番出口下車。
バスターミナル4番又は5番乗降口から出て
左折して横断歩道を渡って徒歩1分。



3.検体採取
 
@口の中をすすぐために水で2〜3回
 うがいをして、20分以上経過して
 から採取してください。
  A専用の綿棒で左右のほほの内側を、
 それぞれ10回程度こすってください。
 綿棒は付属の試験管に入れてください。


検体の採取方法


4.検査結果のご報告
  検査結果は、2週間程度で渓仁会円山クリニックより郵送でお手元に届きます。

  【 ご注意 】
このサービスは遺伝子解析を通じて 疾患発症リスクや体質の特徴を予測するものであり、
病気の診断を行うものではありません。


 
検査機関 ・ お問い合わせ先

  北海道システム・サイエンス株式会社
北海道札幌市北区新川西2条1丁目2-1
フリーダイヤル:0120-613-190 (9:00-17:00 土日祝を除く)
E-mail :


All rights reserved by Hokkaido System Science Co.,Ltd.