北海道システム・サイエンス
検索方法
  HOME   製品・サービス情報   ご注文   サポート・お問合せ   学会出展情報   会社案内   HSS便り   English
製品・サービス情報




北海道システム・サイエンス株式会社は、日華化学株式会社より製造販売委託を受け、
光架橋性オリゴCNVシリーズ製品の製造・販売を行っております。

従来、DNAの増幅・キャプチャーなどは長時間を要する温度操作にて行われていましたが、
北陸先端科学技術大学院大学 藤本教授が発明したCNVシリーズ(CNV-K および CNV-D)
をDNA に組み込むことで、光を用いて自由自在にDNA・RNA を操作することができます。
この度、日華化学株式会社にて工業スケールでの安定供給・品質の確保を実現し、核酸
試薬の供給が可能となりました。

■  光架橋性オリゴ CNV シリーズをお求めになりやすい価格に変更いたしました。
詳しくは、 こちらをご参照ください。



■光架橋性オリゴ CNVシリーズ
製品の特徴
光架橋性オリゴとは?

UV照射 1秒で相補鎖のチミンと結合!
波長を変えることで簡単に乖離可能!

・ 1秒で相補鎖のチミン (シトシンは25 秒) と共有結合
・ 366nm のUV 照射でピリミジン塩基と100%架橋
312nm で可逆的に乖離可能
・ DNA だけでなくRNA に対しても操作可能
・ UV の波長と照射時間により架橋率をコントロール
・ 光架橋のスイッチングのタイミングや場所を限定できる
【 製品仕様 】

対応塩基数 11mer 〜 50mer
合成スケール 0.2μmol、1μmol
精製方法 各種精製可能です
CNV シリーズ挿入 複数個所挿入の場合はご相談ください
各種修飾 5- メチル-dC、2'-Fluoro-RNA 挿入、ウラシル(dU) 挿入、イノシン挿入
など可能です。お問い合わせください。



【 用途@ 】 FISH プローブのような遺伝子の検出に
【 遺伝子検出 ( FISH法 ) 】

CNV-K を用いた FISH 法による遺伝子の検出は、高次構造を形成している核酸に対しても
有効です。
一般的なプローブでは高次構造を形成する核酸を検出することは困難です。CNV-K を
含むプローブを用いることで、高次構造に入り込んで光架橋し、通常のプローブでは検出
できない核酸の検出も可能です。

※ 参考論文 : 藤本研究室より発表予定


[ 高次構造を持つ核酸のCNV-Kプローブを用いた検出 ]



【 用途A 】 siRNA 等のノックダウン実験に
【 細胞内での遺伝子発現制御 ( アンチセンス法 ) 】

細胞内において、CNV-K を含むプローブを用いたアンチセンス効果により、遺伝子発現を
制御することができます。
光照射により、細胞中に取り込まれたプローブが相補部分と架橋し、その遺伝子の翻訳を
ブロックします。
UV 照射後、GFP-HeLa 細胞内で GFP 発現量が抑制されたことが、共焦点顕微鏡により
確認されています。

参考 : Biomaterials Science, 2014, 2, 9, 1154 -1157


[ アンチセンス法へのCNV-Kの適応 ]


価格・納期
■ 光架橋性オリゴ DNA・RNA 合成サービス (CNVシリーズ挿入価格)
DNAと同じデオキシリボースを基本骨格とする
第一世代光クロスリンカー
※単位:円 (税別)
サービス内容 合成スケール 納期
0.2μmol 1μmol
光架橋性オリゴ CNVシリーズ
[ CNV-K ]
15,000 / 箇所 25,000 /箇所 約10営業日
※ 納期は、修飾内容により変更になります。
D-トレオニノールを基本骨格とすることで性能がアップ
第二世代光クロスリンカー
※単位:円 (税別)
サービス内容 合成スケール 納期
0.2μmol 1μmol
光架橋性オリゴ CNVシリーズ
[ CNV-D ]
20,500 / 箇所 34,500 /箇所 約10営業日
※ 納期は、修飾内容により変更になります。


参考文献
DNA Photo-cross-linking using 3-Cyanovinylcarbazole Modified Oligonucleotide with Threoninol
Linker
Takashi Sakamoto; Yuya Tanaka; Kenzo Fujimoto*
Organic Letters, 2015, 17, 4, 936-939

Photo-regulation of constitutive gene expression in living cells by using ultrafast photo-cross-
linking oligonucleotides
Takashi Sakamoto; Atsuo Shigeno; Yuichi Ohtaki; Kenzo Fujimoto*
Biomaterials Science, 2014, 2, 9, 1154-1157

The Site-Specific Cytosine to the Uracil Transition Using Reversible DNA Photocrosslinking
Kenzo Fujimoto; Takashi Sakamoto; Kaoru Konishi-Hiratsuka; Yoshinaga Yoshimura
ChemBioChem, 2010, 11, 1661-1664

A new approach for reversible RNA photocrosslinking reaction: application to sequence-specific
RNA selection
Yoshinaga Yoshimura; Tomoko Ohtake; Hajime Okada; Kenzo Fujimoto
ChemBioChem, 2009, 10, 1473-1476

Ultrafast Reversible Photocrosslinking Reaction: Toward in Situ DNA Manipulation
Yoshinaga Yoshimura; Kenzo Fujimoto
Org. Lett., 2008, 10(15), 3227-3230

Copyright ©  Hokkaido System Science Co.,Ltd. All rights reserved.